祝日に瀬戸大橋まで行ってきました。
友人の車に乗っけてもらって玉野市まで移動。
宇野港周辺に車を停めて、まず児島半島の海沿いをぐるっと回ってから海岸線に沿うように瀬戸大橋の袂まで行く予定で出発しました。

ところが、車で宇野港まで行くのに思いのほか時間がかかってしまい、到着が11時過ぎ。
我々の足だと当初の予定コースでは日暮れまでに車に戻ってこれない目算になってしまいました。
仕方ないので児島半島周回コースをキャンセルして宇野港から直接瀬戸大橋まで行く短縮ルートを走ることにします。

バイクの準備を終えて、出発・・・の前に昼食です。
そして、せっかく食べるならご当地グルメでしょう!
ということで宇野港のフェリーターミナル横にある「うしべ亭」というところでランチです。

たまの温玉めし定食

私は前日に下調べしてあった「たまの温玉めし」定食にしました。
あなごのひつまぶしの上に温玉が載っている…!
味は美味しかったです。美味しかったのですが…

たまの自衛艦カレー

友人が注文した「たまの自衛隊カレー」がめっちゃ美味しそうだったので、
なんかずっと「あぁそっちにすればよかったな…」と思いながらひつまぶし食べていました(^_^;)
え?味? 味は・・・うん、普通にひつまぶしですね・・・。美味しいけど。
考えてみれば自分、あなごやらうなぎやらはあまり好きな食べ物ではないので(ぁ
なおカレーのほうは説明文によると護衛艦「やまゆき」風のカレーらしいです。
友人によるとそんなに辛くないとのこと。
くそー今度食べる時はそっち食べようw
そうそう、デザートで注文したジェラートがとても美味しかったです。
(お隣が系列のイタ飯屋だったのでそこから出てくるっぽい)

ということで、謎の葛藤と戦う羽目になった昼食を終えて、いざ出発!

予報通り天気は快晴。
気温は季節外れの暖かさとのことですがそれほど温かいわけでもなく風が冷たくて暑がりの私にはちょうどいいです。
先日痛めた腰は思いのほか回復していました。ただ、念のため様子を見ながら走ります。

久しぶりに太陽光を浴びながらしかも海沿いを走るのはとても気持ちが良いですね。
以前(「TARI TARI」の聖地巡りで)レンタルのMTB借りて湘南の海岸沿いを走ったのを思い出しました。
なんでかというと、道が狭く、交通量が多いからです!w
海岸沿いはどこも同じような感じですねー。
気持ちは良いのですが、とても神経を使います。やはりその点は離島最強。

宇野から瀬戸大橋の見える鷲羽山(わしゅうざん)までは片道20km少々。
なので1時間ほどで到着しました。
せっかくなので展望台まで登ってみることにしましょう。

鷲羽山
 
展望台に上がる階段の手すりがウネウネしてました・・・!
なんだろう、瀬戸内海の波でも表現してるのだろうか。
しかしこれでは仮に「手すり滑り台」をやったらおしりが裂けてしまう!w

子供の頃に来たことがあるはずなのですが全く記憶に無くて、
完全に「すぐそこまでだろ」と油断していたら結局駐車場から頂上まで
結構な距離を歩くことになってしまいました。
SPDシューズで良かった…。

鷲羽山眺望1

天気が良くて瀬戸大橋が四国側まで見通せました。
坂出のコンビナート、そして「讃岐富士」こと飯野山もよく見えました。
なんで詳しいかというと、昨年の同じ時期に「結城友奈は勇者である」の
聖地巡りを温泉ライダー壱号氏としてきたからなんですが…。
あの時は逆側からこっちを見たなぁと思うと不思議な感覚が湧いてきます。
そういえばその時の事をまとめた記事を作っていませんね。
そのうちレポートにまとめようかな。

ちなみに後ほど写真の左下辺りに見えている道を走ることになります。

鷲羽山眺望2

「ゆゆゆ」の影響で、瀬戸大橋を単に「大橋」と言ってしまう癖がついてしまいましてね…w
四国を「讃州」と呼ぶのはもはや普通に(^_^;) 

波も穏やかで、いかにも内海の風景って感じですね。
ここからの夕景は綺麗でしょうね。残念ながら今回は見られませんけど。

さて、山頂からの長い道のりを戻り、再び走り出します。
目指すは大橋の袂です。
といってもすぐ着いちゃうんですよね。

大橋1
 
本当にあっというまに着きましたw
今回はここが目的地なので、しばらくゆっくりと景色を眺めたり、写真を撮ったりしました。

クアトロ
 
後ろには下津井の漁港が。
なお、目線とだいたい同じ高さくらいに大橋を渡る鉄道の高架がかかっています。
(瀬戸大橋は上を車が、下を鉄道が通っています)

大橋2
 
こうしてみると結構細身な橋脚ですね。
実際の数値はどうなのか不明ですが、
淡路島で見た鳴門大橋の方がもっと巨大で迫力があったなぁというイメージです。

クアトロ

今回はトピークのサドルバッグにリクセン化したモンベルのフロントバッグ装備。
ちなみにフロントライトはキャットアイのボルト1200です。
こいつLED2灯型なんでマブラヴに出てくる光線級BETAみたいな見た目なんですが、
明るさも光線級の爆光です。真面目にオートバイか車と間違われますw
なによりモードを変えて光量を絞ればランタイムがかなり長いのでそれが一番助かりますね。
買ったのは一昨年になるので、今では更に明るいボルト1600が発売されています。
ちょっと欲しい…。


シャマル

ホイールがシャマルに変わってからずいぶん見た目の印象が変わりました。
走っていて気になったのは、鉄下駄からいきなりホイールが軽くなった影響か、妙にフラフラします。予想はしていましたが、予想していた以上に。
足回りが軽くなり相対的に重心が高くなったせいか、リム重量が減ってフライホイール効果が弱くなったせいか。
多分両方の影響。 
ハンドルが軽すぎ(反応良すぎ)てちょっと怖いです。ハブの回転が良いので手応えのない氷の上を滑ってるみたいなスムースさが私みたいな下手っぴにはかえって怖いです。切れ味が良すぎる。
今まで直進安定性という点においてはR501-30に随分と助けられていたんだと実感しました。
「まっすぐ」走らせる点において、良くも悪くも鉄下駄は初心者に優しかったんだなぁと。
この軽さに慣れるまで少し慎重に乗りたいところです。
 
シャマル2
 
やっぱ、ONDAフォークはセクシー(^q^) 


帰りは寒いし道狭くて怖いし思いのほか体に疲れが溜まっていたので何一つ楽しくなかったですorz
特に肩こりがひどくて頭痛と胃のムカムカが誘発。
こうなると本当に楽しくないですねぇ。

ただ、お腹は減ってるので、駐車場に戻る前にパン屋さんに寄ることにしました。

パン屋さん

パン屋さん

手作りパン工房松風さん。
ここのアーモンドヌガーが絶品でした。あと、温玉入りのカレーパン!めっちゃ美味です。
これはまた近場に来た時はぜひ寄りたいです。


とういうことで瀬戸大橋ポタリングでした。
後半は頭痛にやられて辛かったですけど、花粉シーズン前に少しでも走れてよかったです。



BGM:---