年越し旅行記Vol.4ということで、今回は初シャイニーツアー終了後から元旦の夜までを記事にしたいと思います。
それにしても本当に撮影した写真が多すぎて編集が大変です(;^ω^)
でも早く記事にしないと鮮明な記憶が薄れていってしまうのでのんびりもしてられないのです…w
ということで今回も長い記事になりますが最後までお付き合いいただければうれしいです!
では行ってみたいと思います。

DSC_2611
2018年元旦。午前9時ごろ。
ツアー解散。
私はD氏と合流しました。
駅前のコインパーキングに車を停めた我々は、徒歩でびゅうお方面へ移動しました。
目的は一年間待ち望んだ欧蘭陀珈琲を飲みに欧蘭陀館さんへ。
それにしてもここの堤防は本当に景色が良くて好きです。
なお、この写真を撮った後5~10分ほどであっという間に富士山は雲で隠れてしまいました。
その後は夜まで富士山は雲隠れ。
特に風が強いとは感じませんでしたが、山頂付近ではかなり強く吹いていたのでしょうね。

欧蘭陀館さんの開店とほぼ同時に入店することができましたが、それにしてもいきなりほぼ満席に。
私にとっては4度目、前回は2017年元旦にお邪魔したので文字通り365日ぶりの欧蘭陀館さんw
さっそく念願の阿蘭陀珈琲を注文。
1034
1031
ぷはぁ! 
1年間、この一杯をどれだけ待ち望んだか…!
私は2年前ここに来るまで水出しコーヒーの美味しさを知りませんでした。
元々私は水出しコーヒーはアイスのままだとあまり好みではありません。
が、ホットにすることでこれほど好みの味に変貌するとは知らなかったのです。
それを教えてくれたのが欧蘭陀館さんの水出しホットコーヒー。
ラ!サ!!の聖地だとかそういうの抜きで、ただただ、ここのコーヒーを飲みに沼津に来たい。
そう思うほどここのコーヒーが私は好きです。

本当はオムソバも食べたかったのですが、先の予定もあるのと、外では順番待ちしている方が結構居たので長居をせずこの1杯を頂いて撤収。
また明日も寄る予定なのでw

欧蘭陀館さんを後にして、びゅうお方面へてくてくAqo…(以下略
みなと新鮮館で今後の同人制作のための取材をちょちょいと済ませるついでに施設内を見学。
DSC_2630
初めて来ました丸勘さん。
あっ、でもお食事はしていません(;^ω^)
今回は時間の都合で諦めましたが次回は食事に寄ってみたいです。

DSC_2633
そしてまずは「INO」のテラスからびゅうお見学。

DSC_2645
あぁ何度見てもかっこいいなぁ…(^q^)

DSC_2646
去年も暖かかったですが、展望回廊は今年も温かい。むしろ暑いくらい。
ちなみに元旦は入場無料です。

DSC_2647
う~み~ぃ!
DSC_2649
DSC_2650
ひたすら青い。そして眩しい。
冬は雪と雨と雲に閉ざされる私の地元ではまず見られない冬の青色です。

DSC_2651
びゅうおから見る大瀬崎。

DSC_2662
愛鷹山は見れるものの、富士山は相変わらず雲隠れ中。
明日は見られると良いなぁ。

DSC_2660
ふぅ…貴重な「まりよう」成分をチャージしてエレベータで対岸へ。

DSC_2663
巨大建造物は逆光気味のシルエットが映えますねぇ。

DSC_2670
沼津港。

DSC_2673
港のこのごちゃごちゃ感が好きです。

DSC_2674
ここにも「ちどり」。

そろそろ駅前まで引き返すことに。
ところで冬の静岡まで来たわけですし。
車もあるということで、旅に出る前から私は現地でみかんを買って帰ろうと思っていました。
沼津港の市場でみかんを売っていたので5kgのみかんを購入。
駅まで持って帰りました。

1042
あっ! 腰がッ!!
1043
重すッ!(重須)
とまぁ、これはネタです(;´∀`)
5kgなのでそんなに重くはないです。
さすがにすれ違う人にかなり見られましたけどね(苦笑
ちなみに2Sサイズを買いました。
青島温州は小さいほうが私は美味しいと思います。
元々私はみかん大好物でして、ほぼ一人で5kgを2週間で完食しましたw
昨年は寿太郎みかんも通販しましたが、個人の好みから言えば青島温州の方が好みでした。
なにより寿太郎に比べて安いので気軽に食べられますし。

みかん箱を引っさげて沼津港から沼津駅前の駐車場まで帰ってきました。
歩いた距離的には2kmほどでしょうか。

実はツアー終了後にサンシャインCafeでまちあるきスタンプ帳を買ったのに、車に忘れてきてしまいました(;´∀`)
なので車にみかん箱を積み込んで、あらためてスタンプを押しに仲見世商店街へ。
1046
元旦なのでお休みのお店が多いですね。
ともあれ、無事に曜ちゃんのスタンプを押すことができました。
その後せっかくですのでヌーマーズに行って買い物とスタンプを押し、
サンシャインCafeでスタンプを押すのすら忘れていたため(ほんと何やってんだ私は…w)、
先程まで居たサンシャインCafeに再度訪問してスタンプを押すという…(^_^;)
まぁ元々スタンプ帳買う予定ではなかったのを衝動的に買っちゃったので、
どこにスタンプが設置されているのかすら把握していない状態でした。
その後もあえてあまり設置場所を調べずに宝探し的にスタンプは押して行きました。

ちなみに今回の旅はあまり「何時頃どこに行こう」というのは決めていません。
気の向くままに思いつくままにという感じです。
が、一応「時間がある前半に市街から遠いところへ行く」という大まかな方針で行動しました。
なのでここからはまず今回の目的地として一番遠方の大瀬崎へ。

国道414の混雑具合に若干げっそりしましたが、危険なほど時間をロスすること無く無事に大瀬崎までたどり着くことができました。
が、大瀬崎への入り口を間違えてしまい(何しろ来るのが2回目、前回は2年前)、展望台のあたりまでヒルクライムしてしまいました(;^ω^)

DSC_2683
怪我の功名ではありますが、素晴らしい眺望。

DSC_2687
本当にひたすら青いですね。美しい。
それにしてもこの時点で15時。もう夕方の雰囲気になってきました。急がねば。

大瀬崎の駐車場に車を止めて、まずは大瀬神社へ参拝。
途中でみかんじるこを食べるためにフジミさんへ行ってみたのですが、
残念ながら本日は既に終了(宿泊客の夕食の準備のため)していました。
うーん、残念! 楽しみにしていたのですが。次回のお楽しみです。
折角ですのでおみやげと曜ちゃんと果南ちゃんのタオルを買いました。
おみやげは以前パズルラリーの時に買った桜エビの塩クッキーがすごく美味しかったので今回もそちらにしました。
DSC_2693
すわわのサイン。かわいい(^q^)
昨年は雑誌「DIVER」も買いましたよ~。


DSC_2700
もうすぐ日が沈みます。

DSC_2702
本当にきれいな海ですね。
私は幼少時より耳に問題があってダイビングはできない体なのですが、
一度でいいから潜ってみたい…。

DSC_2708
大瀬神社参道。

DSC_2709
公衆トイレへ行ったついでに裏手の海へ。
何気なく寄ったのですが、この事が後になって重要な結果をもたらします。
この時はそんなことは露知らず。

DSC_2713
「あぁ、なるほどここなら夕日が見えるんだな」

DSC_2719
淡島と淡島ホテル。

DSC_2722
大瀬神社に参拝しました。
本殿横から富士山方面が見えます。前回は雨でしたので何も見えなかったのですが、
なるほど、こんな光景が広がっているのですねー。
それにしても、うーん、相変わらず富士山は恥ずかしがって出てきてくれません(^_^;)

DSC_2729
ひたすらに穏やか。
ダイビングをするわけでもないのに、私が大瀬崎を好きな理由はこの雰囲気ですね。

大瀬館でスタンプとタオルを買うついでに前回お会いした大瀬館のおばちゃんに会いに行きました。
食堂が閉まっていたので正面玄関へ。
DSC_2732
なんというか、「全員アウトー」的な某笑ってはいけない番組的な光景。
笑ってしまってお尻叩かれる前みたいな…w

1049
ロビーではルビィちゃんがお出迎えずらっ☆
このルビィちゃんとは2年ぶりに再会です。

1051
階下の食堂にて。そういえば松濤館さんからダイヤ様は移動して来られたんですよね。
ダイヤ様とは1年ぶりにお会いしました。

で、大瀬館でおばちゃんにお会いできたのですが、お会いした瞬間「そんなことより、早く砂浜に出なさい! もうすぐ良い写真が撮れるから! いそげ! そらいけぇ!」と発破をかけれれましたΣ(´∀`;)
あわてて私もD氏も砂浜へダッシュ!

DSC_2733
DSC_2738
おばちゃんもやってきて「カメラを低く構えてみなさい逆さ富士が撮れるから!」ということで撮影。
うん確かに綺麗だ。
D氏はフィルムカメラ使いなのでフィルムを取りに一度車へ。
おばちゃんは「私は外海へ行くから!」と言い残し颯爽と行ってしまいました。
私が何枚か写真を撮っているとあっという間に遠くへ行ってしまいます。
歩くの早すぎぃ!Σ(´∀`;)
私とD氏も文字通り砂浜を全力疾走して追いかけます。
しかしその甲斐虚しく、見失ってしまいました(;´Д`)
しかし「外海」という言葉と夕日が見える場所ということで「あっ! あそこか!?」と思い至ります。
DSC_2709
きっとここだ!
日が沈むまで本当にきわどい時間しかありません。
ひたすら全力疾走。
そして・・・

DSC_2745


ま…
間に合った!

ギリギリでした。撮影データのタイムスタンプを見ていると、
あと2分遅ければ見られなかった事が判明…!
あの時トイレ行っておいて良かった…w
もし行って無ければこの場所も分からずタイムロスして見られなかったかもしれません。
汗だくになりながら全力で走った甲斐はありました。

DSC_2744
富士山も雲から |д゚)チラッ

DSC_2751
嘘みたいにあっという間に沈んでいきます。
構図に迷っている暇もなくとにかくシャッターを切ります。
同時に肉眼にもしっかりと焼き付けました。

DSC_2754
WBを変えてみました。
これもまた幻想的ですね。

DSC_2761
雲の向こうへ沈んでいきました。

DSC_2771
訪れるトワイライト。
波の音、風の音、木々の揺れる音。
今年最初の夕暮れ。

DSC_2777
富士山も静かに夜の中へ。

DSC_2780
興奮の余韻に浸りながら、砂浜まで戻ってきました。
月もきれいです。
雲がある辺りの空がおもしろいグラデーションだったので撮影しました。

DSC_2794
月明かり。

DSC_2800
ダイヤ様、ただいま戻りました!

大瀬館に戻るとおばちゃんが待っていてくれました。
ようやく落ち着いてお話できました(^_^;)
ちょうど私達の他にもお二人ライバーの方が来られていて、5人でお話。
大瀬館はちょうど宿泊者の夕食時間だったため忙しいはずの時間だったのですが、
おばちゃんは仕事をしながら私達をもてなしてくださいました。

1052
つきたてのお餅を頂きました。

「外を見てごらんなさい」と言われたので外に目を移すと。
DSC_2796
あっ、もしかしてダイバーの方が潜ってる?

DSC_2797
おばちゃんが電気を消してくれたので、窓を開け三脚にカメラを据えて撮影。
宿泊した人しかなかなか見られない光景だよということですが、たしかに。
(本来宿泊客以外は館内に居ない時間ですし)
夏にはもっとたくさんのライトの光が見えるらしいです。
これはまた夏に来る理由ができましたね。

DSC_2799
綺麗ですねぇ…。
ダイビングしなくてもダイビングの面白さをこんな形で知ることになるとは。

大瀬崎の方々は本当に優しい。
私がここを好きな理由でもあります。
前回も大瀬館で2時間以上お話したのですが、今回も2時間近くお話していました。
楽しい時間はあっという間ですね。
お忙しい中本当にありがとうございました。
とても楽しい時間でした。今度はぜひ宿泊でお伺いします!
ちなみにルビィちゃんとダイヤ様のスタンプを押して、
おみやげで桜エビポテチを買い込み、ルビィちゃんとダイヤ様のタオルも購入しました。
帰宅後食べましたけど、桜エビポテチとても美味しかったです。

名残惜しいですが、大瀬崎を後にし、沼津市街までもどります。
今日はD氏と別の宿なのでその後お互いにチェックインを済ませた後合流。
1054
風のためか鞠莉ちゃんがぁ!(´;ω;`)

1055
北口付近をブラブラしながら夕食のお店を探します。
ただ、元旦なのであまり選択肢が無い…。
結局中華料理屋さんで夕食、そしてそれぞれの部屋へと解散しました。

31日から活動しっぱなしだったので疲れはかなり溜まっているはずなんですが、
なぜか私はあと1日くらい寝なくても動けそうなくらい元気でした…(^_^;)
とはいえきちんと睡眠を取り、こうして長い長い一日が終了しました。

BGM:---