◆年明けから「年越し旅行記」というシリーズでお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?
個人的には自分自身の外部記憶として執筆したという面が強いのですが、
その上で見て頂いた方に少しでも楽しんで頂けたなら編集を頑張ったかいがあったと思います。
それにしても、さすがに写真が多くて編集が疲れました…(;^ω^)

今回は大げさに「編集後記」と題していますが、本編同様そんなに大した内容ではありませんw
暇つぶしのお供にでもなれば幸いです。
文章の合間に本編では触れられなかった写真も併せて掲載します。

DSC_3498

◆今回のタオルの戦利品。
なにに使うってわけではないんですけど、せっかくなので購入しました。
曜ちゃんは使うかもしれないので2枚です。


DSC_3500
◆安田屋さんに宿泊でお世話になった時のものを加えるとけっこうな枚数になりました。

◆今回の旅行中は結構カメラの話題も多かったのも印象的でした。
カメラを始めたい、という方もいらしたりして、
私もなんだか初めて一眼レフを手にした時のことを思い出しました。

カメラの使い方や撮影する目的も人それぞれあると思うのですが、
私に関して言えば基本的に人に見せる「作品」としての写真を撮ることは少なくて、
どちらかというと記憶の補助のために撮影する写真がほとんどです。
看板だとか、雲の形だとか、気になったら構図も考えずに闇雲にシャッターを切るので、
ほんとくだらない写真ばかり撮っています…w
なので今回のように撮影数が膨大な量になっちゃうんですよね(;^ω^)
中にはけっこうブレてたり写真として成立しないカットだったりがたくさんあります。

意外なのはそういう他人から見れば「失敗写真」にこそ記憶が刺激されたりする事が多々あります。
「これ何撮ったんだっけ?」 
「あぁ、そういえば間違えてシャッター押しちゃったんだ」
「で、その時こんな会話してたなぁ」 
…なんていう感じで。1つの事から連鎖的に記憶が蘇ってきたりします。

DSC_3493
◆お隣の子どもたちへのお土産に。
前回は「セイウチのフン」クッキーだったので少しインパクトに欠けるかな?w


◆私は完全にデジカメ世代として育ちました。
幼少の頃は親のフィルムカメラや写ルンですとかチェキみたいなのも使ったことがありますが、
自分でカメラを始めたときには既にデジカメでした。

デジカメって撮影した写真をすぐ見られるじゃないですか。
失敗した写真ってどうします?
こまめな性格だとその場ですぐ消しちゃうって方も結構いると思うんですよね。
あるいは家でPCに取り込む時に弾いちゃうとか。

でも、あえて失敗写真を消さないで保存しておくのも結構おすすめです。
何年も経って見返した時に、そういう失敗写真は語りかけてくるんです。
写っているものが鮮明でないが故に、その時のことを思い出そう、
場面を頭のなかで再現しようとするからでしょうか。
「失敗」を悪い意味ではなく「記憶のトリガー」として、
良い方向で利用できるのが失敗写真のいいところだと思います。
デジカメだからこそ、あえてアナログで無駄な部分を楽しむのもいいと、私は思います。

DSC_3492
◆自分へのお土産?用です。
清瀬赤目先生のちびキャラがかわいすぎて買ってしまいました。
特に善子ちゃんが好きですw

◆写真といえば、そうそうもうひとつ。
私の写真は彩度とコントラストがとても高いです。
私自身下手なアマチュアなのでどうしても素人的な「鮮やかな写真」を好む傾向があるんですが、
それとは別に私は写真で「記憶の中の色」を再現(表現)したいと日頃から思っています。
記憶に残る青空って何にも例えられないくらい真っ青で綺麗だったり、
太陽は実際以上にキラキラと眩しかったり、
そういう目というより「感情を通して見た」まばゆさみたいなものを表現したい。
「写真作品」としてはちょっと邪道なのかもしれませんが、
1つの「表現」としてはアリなのかなと私は考えています。
なのであえて色かぶりした写真があっても意図通りならほとんど補正せずに使っています。

私が写真を初めたきっかけも高校生1年の時に「あの青い空を撮りたい!」という衝動でした。
当時の衝動が今も自分を動かしていると考えると、なんだか不思議です。

1040
1041
◆本編ではカットしてしまいましたが、「海鮮丼専門店 伊助」さんで海鮮を頂きました。
元旦のお昼時、サワラの文字に惹かれて入店(^q^)
お店のオススメだった地魚三種盛り丼。
私の大好きなサワラが乗っています。岡山県民にとってサワラはとても身近なお魚です。
逆にダルマ(メダイ)は食べたこと無いので初体験でした。

1035
◆沼津で個人的に忘れられない味といえばアジのお刺身。
一昨年来た時に食べて虜になりました(^q^)
メニューには無かったのですが、有りますか?と聞いたところさばいて下さいました。
なめろうも美味しかった…(*´∀`)
それにしても沼津は魚が美味しいので羨ましいですね。
豊かで多様性に富んだ駿河湾の恵みですよねー。



◆私には「心のふるさと」とも言える場所が3箇所あります。
1つは奥多摩・青梅の山々。
2つめは伊豆諸島。
そして「ラ!サ!!」をきっかけにして沼津が3つ目。
中国地方に住んでいるのに遠いところばかり(;^ω^)

今回、文字通り「1年ぶり」の沼津でしたが、
滞在中再三にわたり「ここに住みたい」と連呼していた私。
ただ、帰宅してみてふと感じたのは、「たまにしか行けない」から良いのかなとも思いました。
もちろん住めばその分発見もあるとは思うのですが。
コミケにしても地方在住だからこそ「行軍」する高揚感を味わえている気がしますし、
ある程度の距離が離れている方が恋い焦がれるような気持ちを味わえるのかな、と。
(まぁ、そう思わないとちょっと悔しいという気持ちも無いわけじゃないんでしょうけどねw)
気軽に立ち寄れるような場所ではありませんが、それでも、何度でも行きたいと思わせてくれる。
自分にとってそんな場所があることこそが大切なのかなと。
そう感じました。

DSC_3516

BGM:---